残念だが現在ではすごくたまにある時を別にして割引券の売店の中でクレジットを用いる事ができる場所なんて無いのです。そういうせいで、VISA、MasterCard、NICOSなどの商品券を運用した直接でないクレジットカード使用のケースはろくには現実的には運用することができないだろうと思います。じゃあどういう手段を駆使すれば遠まわしに使うクレジットカードが出来るのでしょうか?というとそのテクニックとは今の時代ひろく普及している電子マネーという名前のEdy(エディ)、QUICPay、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなど。こういうものを駆使して間接的クレジットをする事ができるようになります。PASMO、iD、Smart Plus、であったりICOCA、WAON、nanacoなどはクレジットカードで買うことが出来るのギフト券■Edy(エディ)、Webmoney、QUICPay、だったりSuica、WAON、nanacoなどに耳慣れない者にとっては漫然と面倒くさい第一印象を思い描くのかもしれませんが、こういった電子マネーというものはいわゆる普通のギフト券なのです。American Express、NICOSなどの券と相違点はないでしょう。またこれらの電子マネーはクレジットを活用して簡素に取引する事が可能な所がメリットであるのです。これらの電子マネーという物はオンラインゲームの支払いはじめとして駅ナカやいろいろなお店といった所でも用いることが出来得ることにもなってきている。「当販売店の支払いにはカードはお使いにはなれません」といった感じで貼り紙されてあるような販売店においてもEdy(エディ)、Webmoney、QUICPay、であったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなどであるなら用いれる時がたくさんあるのです(クレジットカードポイントがきっちり得られる)。つまりクレジットが利用できない店舗であっても直接商品を買わずにカードを実用するやり方でカードポイントをもらえる分だけ貯めてしまおうというテクニックです。通常、高いショッピングをするだけだとつかないカードポイントであるため、、運用する事をやってみていただきたい。