必要のないクレジットは使い方が不完全になっています>運用していないクレカというようなものは如何しても所持しているカードの使い方が甘くなってしまうなっていくという傾向にあるリスクが高くなります。扱いがいい加減になればもちろん、カードの運用の様子は精査せずにいてしまうだろうし所持しているクレジットカードをまずはどの場所に収めておいたのかさえ覚えられなくなってしまう事だってあると考えられます。こういう事になると最悪、拾った人が不当に自分のカードを活用していた場合でも、利用していたことの探知が遅くなってしまうリスクもなくせません。悪用された後で、十数万という支払い通知が着いた状態になればもうもう手遅れという感じに状態が悪くならないようにするためにも使わないクレジットカードはどちらにせよ契約解除してしまうに越した事がありえません。また、クレジットカードに精通している貴方にすれば『でも盗まれた時は担保に入ってあるから大丈夫じゃ・・・』といった風に感じられる事もあります。それでもなくした時担保というものには使えるの有効期間という期日が設けられており、保障期日内でないなら保険の使用にあたるものにならないのです。いわば使い方が不完全になるとすると決められた期間さえも放っておいてしまう可能性が大きいので関心を持っておくことが要となってきます。カード会社からすると印象も悪くなっていく■ユーザーからというのでなくカードの関連会社から考えるとその人への印象も悪くなっていくという事も考えようによっては、デメリットだと感じられます。極端な言い方をするとカードを規則通りに発給してあげたにもかかわらず、用いて行く気配もない利用者はカードの関連会社にとって考えるとコンシューマーじゃなくただの費用を要する人々です。クレジットの事業にはお金をさっぱりくれないでいるのに、保持し続けるのにかかってくる負担だけがいらないのにかかってしまう可能性が高いからです。こういうまるまる一年全体で見ても全然活用してくれない使用者が携帯しているクレカ会社の異種のクレジットカードを発給しようとしてもその事業の査定で不合格になってしまう可能性があるのかもしれないのです。なにせキャッシングの関連会社の観点から考えると『又交付してあげたところで用いない可能性が高い』というように考えられてしまっても諦めなければいけないのではとなりがちです。そうなるとそういう事態にしてしまうのではなく活用しないとするのなら使用しないできちんとクレジットカードを契約変更しておく方の存在の方がクレカの企業からしたら嬉しいという訳で利用しないクレジットの契約破棄は是非優先的に行っていただきたいです