日刊紙の宣伝、スポーツ紙、電話ボックスに見かけるビラやDMなどで、「債務の合理化任せなさい」「債務を一括化したいと思ったら」という内容の惹句を見ることがありますよね。これらは、「整頓業者」「買取専門屋」「紹介屋」と呼ばれる悪徳会社の広告のときがあるということなのです。それらを利用した場合は破産申請手続きの中で最優先の免責承認を受けられない危険性もあります。「整理屋」ではチラシなどで借金のある人をおびきよせ、相当な手数料を要求して整理を行いますが、実際のところ借金整頓は行われず、負債者はさらなる借金地獄に堕ちてしまうケースが大方と予想されます。「買取専門屋」では、債務者のカードで、電化製品、何らかの券を大量に買わせて債務者からそれらの物品を値段の3割〜額面半額で買取るという手口が主です。借金者は短期には小金が懐に入りますがそのうちカード企業によって品物の催促が送られてきて、実際は債務を増額させる結末で終わります。この場合だとカード会社に対しての犯罪として免責がもらえません。「紹介人」では、大手サラ金から借りられなくなった債務者についてダイレクトな融資は全然せずに、資金提供を可能である別の業者を呼んで、高すぎる経費を請求する業者です。つなぎ業者は直接の手引きで融通可能となったように解説しますが現実は何もしておらずシンプルに調査のゆるめのルートを説明しているだけというやり口です。結局のところ負債を重ねることとなります。