ローンキャッシングした時、返済自体をする時には金利を含めての払いになるのは知っているはずです。ローン会社は収益を目的とした企業ですから当然です。とは言ってもお金を支払う方は、1円でも少なく支払いたいというのが本音でしょう。利息制限法が定められる前は年30%近い利子を払っていましたが、設けられてからは高額でも年18%位と随分低く定められていますので、とってもリーズナブルになったようです。今の融資の利率幅は4%位から18%位の幅が設定されていて、使用可能額により決められます。利用上限額は申込み本人の査定によって影響します。総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、年収がどの程度なのか?どういう職についているのか?クレジットの利用履歴はどうなのか?いろいろ確認され与信限度額としてクレジットカードの内容が決まるのです。カードキャッシングの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各企業で金額は異なります)と広い幅があります。こうしてその範囲の中で決定した利用できる額により利息も決まるはずです。50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら年率4%といった数値になるでしょう。いわば、与信が高評価であれば、与信額も良くなり、利息も下がるというわけです。この事実に矛盾を抱くのは自分だけでしょうか?カード業者にとって、これらの事実は問題がない事なのかもしれませんが、収入の高い人がローンサービスの必要があると思えませんし、もしもキャッシングローンを利用した場合でも金利が高かろうが低かろうが、支払いに悩む事はないです。反対に年収良くない人は直ちに必要だから融資を受ける人が大抵です。利息が悪いと返済に困るようになるはずです。ですから可能範囲の良くない人こそ低利息で活用できるようにすべきです。この見方は使う視点からの考えです。これらの事を踏まえて、利率を良くする為にはどのようにすれば良いのか何となく分ったはずです。現実、これから書く方法で、申請する人がたくさんいるので説明しますと、クレジットカードの申請をする時に、年の収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申し込むのです。年収450万円なら150万円。年収900万円なら300万円でそのキャッシング審査で申し込んだ満額通ればその分だけ金利が安いカードを持つことができるはずです。とは言ってもMAXギリギリまで使わなければならないというわけではありません。5万円でも40万円でも必要な分だけの利用可能です。また利用限度金額が300万円で最低利率年間7%位の金融会社もあるのです。その企業に申請すればその業者の最低金利で受ける事ができます。どう思いましたか?アプローチ次第で低利息のキャッシングカードを手に入れることが出来るのです。自らの一年の収入と金融会社の設定を並べて、考える事に時間を費やせば、より有利な契約で借りれるのですから、面倒だと思わず調べるようにしましょう。